「笑顔」にこだわるわけ。

私は人に、「ちょりいさんってあまり笑わないね。もっと笑ったらいいのに。」「いつもすました顔をしているね。」

と言われたことがあります。

 

 

私はそんなつもりはなかったのですが、人に言われるということはそうなのだと思います。

そして、「あまり笑わない自分・・・なぜ?」と考えはじめました。

 

人に相談したり、いろいろと思い出したりした結果、

思い当たる過去がありました。

 

 

 

 

 

私は中学生のとき、いじめにあっていました。

 

クラスの男子のほぼ全員から、「気持ち悪い」「ブス」「きたない」「近寄るな」と毎日言われ続けていました。

 

私にとって学校は地獄でした。

 

休み時間になると笑顔で会話をしているクラスメイトをぼんやりながめ、「なぜみんな楽しそうにしているのだろう。私は毎日暗い気持ちで、笑う気力もないのに」とずっと思っていました。

 

そんな私にも女子の友達が数人いました。

彼女たちと趣味の話をしたりするのが、唯一の楽しみでした。

彼女たちと話しながら、ときには笑ったりもしました。

 

でも、そんな私にあびせられた言葉は

 

「笑った顔が気持ち悪い」「笑うな」

 

でした。

 

 

 

 

「私は笑うこともできない」

 

そう思いました。

 

 

 

 

 

私は自分の感情をあまりうまく表現できません。

自分の感情をさとられないようにする。

それが正しいと思っていたからです。

 

大人になって、たくさんの人と出会い、いろんな経験をして、

こんな不器用な私でも、結婚して子供も産みました。

 

 

そんなときに出会った「似顔絵」

 

私の描く似顔絵はみんな笑顔です。(あたりまえかもしれませんが)

 

モデルが笑ってなくても、笑顔を想像してかきます。

 

そして、できた似顔絵をみせると、みんな必ず笑顔になるんです。

 

私も自然と笑顔になります。

 

 

 

 

笑顔をもらいたくて。

 

私は自分のために、似顔絵をかいているのかもしれません。